알토 외국어 통역학원
  홈

   
 

banner
 

이름 : 관리자
제목 : 「こと,の,もの」의 비교 [2012/12/04]
다같이 「것」이란 뜻으로「こと」는 추상적인 것을 가르키고 대치할 명사가 없는「것」(「の」도 가능)의 경우이고,「もの」는 구체적이고 감각적으로 포착되는 대상을 가르키며 (「の」도 가능),「の」는 대치할 명사가 있는「것」이다( 「こと」「もの」는 불가능)

*노력한다는 것은 괴로운 일입니다.
努力(どりょく)するということは つらいことです.(○)
努力(どりょく)するというものは つらいことです.(×)

*새 것을 주십시오.
新しいものをください.(○)
新しいのをください.(○)
新しいことをください.(×)

*나의 포부는 자기 사업을 시작하는 것입니다.
わたしの 抱負(ほうふ)は 自分(じぶん)の 事業(じぎょう) 始(はじ)めることです.(○)
わたしの 抱負(ほうふ)は 自分(じぶん)の 事業(じぎょう) 始(はじ)めるのです.(×)

* 부모의 사랑을 알 게 된 것은 내가 결혼을 한 이후이다.
親の愛がわかったのはわたしが結婚してからだ.(○)
親の愛がわかったことはわたしが結婚してからだ.(×)
親の愛がわかったものはわたしが結婚してからだ.(×)

*친구가 결혼한 것을 몰랐어요.
友だちが結婚したことを知りませんでした.(○)
友だちが結婚したのを知りませんでした.(○)
友だちが結婚したものを知りませんでした.(×)

*아르바이트를 한 덕택에 많은 것을 배웠다
アルバイトを したおかけで 多(おお)くのことを 習(なら)った.(○)
アルバイトを したおかけで 多(おお)いのを 習(なら)った.(×)

*일찍 일어나는 것은 힘들다.
早(はや)く起(お)きることはつらい.(○)
早(はや)く起(お)きるのはつらい.(○)
早(はや)く起(お)きるものはつらい.(×)

*종이 울리는 것을 들었습니까?
鐘(かね)が鳴るのを聞(き)きましたか.(○)
鐘(かね)が鳴るものを聞(き)きましたか.(○)
鐘(かね)が鳴ることを聞(き)きましたか.(×)

*「見る」「見える」「聞く」「聞こえる」의 앞에는
반드시「の」가 쓰인다.
동적인 장면의 「것」도 「の」를 쓴다.

Copyright 1999-2019 Zeroboard / skin by zero