알토 외국어 통역학원
  홈

   
 

banner
 

이름 : 관리자
제목 : 형식명사 정리 [2004/02/05]


1. こと(事)

1) 일․것․だいじなことをわすれていました.(중요한 일을 잊고 있었습니다.)․この用事(ようじ)はいそぎのことですから,早(はや)く お願(ねが)いします. (이 일은 바쁜 일이니까, 빨리 부탁합니다.)․それは とても 難(むずか)しいことです. (그것은 매우 어려운 일입니다.)

2) 「~ことに する ~하기로 하다」․いろいろ くらべてみて,この辭書(じしょ)を 買(か)うことにした. (여러가지 비교해 보아, 이 사전을 사기로 했다.)․頭(あたま) いたいので きょうは 學校(がっこう)を 休(やす)むことにします. (머리가 아파서 오늘은 학교를 쉬기로 하겠습니다.)․きょうから, たばこを やめることにした. (오늘부터 담배를 끊기로 했다.)

3) 「~ことに なる ~하게 되다」(결과를 나타냄)․來年(らいねん)歸國(きこく)することになると 思(おも)います. (내년에 귀국하게 되리라고 생각합니다.)․會社(かいしゃ)を やめることになりました. (회사를 그만두게 되었습니다.)․ふたりは いよいよ 來月(らいげつ)結婚(けっこん)することに なりました. (두 사람은 드디어 다음달에 결혼하게 되었습니다.)

4) 「~た ことがある ~한 적이 있다.」(과거의 경험을 나타냄)․あなたは ハワイへ 行(い)ったことが ありますか. (당신은 하와이에 간 적이 있습니까?)․私(わたし)は まだ 富士山(ふじさん)に のぼったことが ありません. (나는 아직 후지산에 올라간 적이 없습니다.)․そういうことはまだ聞(き)いたことが ありません. (그런 것은 아직 들은 적이 없었다.)

5) 「~ことが できる ~할 수 있다」․あなたは 日本語(にほんご)を 話すことが できますか. (당신은 일본어를 말할 수 있습니까?)․お酒(さけ)を 飮(の)むことが できます. (술을 마실 수 있습니다.)

2. もの


1) 물건․것
․この部屋(へや)には いろいろなものがある.

(이 방에는 여러 가지 물건이 있다.)
․物(もの)を そまつに 使(つか)ってはいけない.

(물건을 소홀히 사용해서는 안된다.)
․いい音樂(おんがく)は, いつ聞(き)いても 樂(たの)しいものだ.
(좋은 음악은 언제 들어도 즐거운 것이다.)


2) ~법(마련)이다
․だれでも規則(きそく)は 守(まも)るべきものだ.

(누구든지 규칙은 지켜야 하는 법이다.)
․大人(おとな)の 言(い)うことは 聞(き)くものだ.

(어른이 말하는 것은 들어야 한다.)


3) 「~た ものだ ~하곤 했다」(과거의 회상)
․昔(むかし)は あの 公園(こうえん)に よく 言(い)ったものだ.
(옛날에는 저 공원에 자주 가곤 했다.)
․この 川(かわ)で 君(きみ)と よく あそんだものだ.

(이 강에서 너와 자주 놀곤 했었지)


4) 者(もの) : 사람
․私(わたし)は 田中(たなか)という 者(もの)ですが, ご主人(しゅじん)はいらっしゃいますか.
(저는 다나카라고 하는 사람입니다만, 남편 계십니까?)

3. ため


1) ~위함(目的)
․結婚(けっこん)のため,お金(かね)を ためて いる.

(결혼을 위해, 돈을 모으고 있다)
․入學試驗(にゅうがくしけん)の ために, 夜(よる)おそくまで 勉强(べんきょう)している.
(입학시험을 위해, 밤늦게까지 공부하고 있다)
․ことばの 意味(いみ)を 知(し)るために, 辭書(じしょ)を 引(ひ)いて いる.
(단어의 의미를 알기 위해, 사전을 찾고 있다)


2) ~때문(原因, 理由)
․病氣(びょうき)のため 學校(がっこう)を 休(やす)みました.

(병 때문에 학교를 쉬었습니다)
․友(とも)だちが たずねて 來(き)たため, 約束(やくそく)の 時間(じかん)に 遲(おく)れてしまった.
(친구가 찾아왔기 때문에, 약속시간에 늦어버렸다)
․頭(あたま)が 重(おも)いのは, 空氣(くうき)が 惡(わる)いためです.
(머리가 무거운 것은 공기가 나쁘기 때문입니다)

4. うち


1) 집(家)
․最近(さいきん),この近くに うちが たくさんたった.
(최근 이 근처에 집이 많이 세워졌다.)
․來月(らいげつ) 新(あたら)しい うちに 移(うつ)る つもりです.
(다음 달에 새로운 집으로 옮길 예정입니다.)


2) 나․우리
․こちらは うちの 會社(かいしゃ)の 金さんです.

(이쪽은 우리 회사의 김씨입니다)
․うちの 會社(かいしゃ)では ことしは 社員(しゃいん)を 採用(さいよう)しない.
(우리 회사에서는 금년에 사원을 채용하지 않습니다.)
․うちの 學校(がっこう)は 出席(しゅっせき)が きびしい.

(우리 학교는 출석이 엄하다.)


3) 「~うちに ~동안에, ~사이에」
․ (はたら)けるうちに はたらいて おいたほうがいい.
(일할 수 있는 동안에 일해 두는 편이 낫다.)
․朝(あさ)の うちに やって しまわなければならない.

(아침 동안에 해버려야 한다.)
․暗(くら)く ならないうちに 歸(かえ)りましょう.

(어두워지기 전에 돌아갑시다)


4) 「~うちで(から) ~중에서, ~가운데서」
․3人の うちで だれが いちばん年上(としうえ)ですか.

(3명 중에서 누가 가장 연장자입니까?)
․多數(たすう)の うちから 選(えら)ばれた 優秀(ゆうしゅう)な 學生(がくせい)ばかりだ.
(여러 사람 중에서 뽑힌 우수한 학생뿐이다.)
․每月(まいつき) 給料(きゅうりょう)の うちから 1万円(まんえん)貯金(ちょうきん)している.

(매월 급료 중에서 1만엥을 저금하고 있다.)

5. わけ


1) 이유․사정․까닭
․申(もう)し 譯(わけ)ございません. (말할 이유가 없습니다 → 죄송합니다)
․學校(がっこう)を 休(やす)むときは, わけを 話(はな)しなさい.
(학교를 결석할 때는 이유를 말하세요.)
․どういうわけか 田中(たなか)さんは 私(わたし)を きらっています.
(무슨 까닭인지 田中씨는 나를 싫어합니다.)


2) 「~というわけではない ~라고 하는 것은 아니다」
․私(わたし)はさかながきらいだというわけではないが, 肉(にく)が すきなので, 肉(にく)のほうを よく たべるのです.

(나는 생선을 싫어하지는 않지만, 고기를 좋아하기 때문에, 고기쪽을 잘 먹습니다.)
․あなた ひとりが 惡(わる)いという わけでは ありません.
(당신 혼자가 나쁘다고 하는 것은 아닙니다.)


3) 「~わけだ(です) ~라고 하는 것은 아니다」
․苦(くる)しいわけです. 熱(ねつ)が 40度も あるのですから.
(괴롭습니다. 열이 40도나 되기 때문에.)
․きのうならったばかりだから, よく できるわけです.
(어제 배웠기 때문에 잘할 수 있을 것입니다.)


4) 「~わけには いかない ~수는 없다」
․きょうはいそがしいので, あそんでいるわけにはいかない.
(오늘은 바쁘기 때문에, 놀고 있을 수 없다.)
․私(わたし)のうちは 遠(とお)いので, 休(やす)みだからといって そうかんたんに 歸(かえ)るわけには 行きません.

(나의 집은 멀기 때문에, 휴일이라고 해서 그렇게 간단히 돌아갈 수는 없습니다.)

6. ところ(所)


1) 곳(장소)
․バスに のる 所(ところ)は どころですか. (버스를 타는 곳은 어디입니까?)
․靜(しず)かな 所(ところ)が いいようです. (조용한 곳이 좋을 것 같습니다.)


2) 점(면․부분․~데)
․あなたの 惡(わる)い ところは すぐ おこることです.
(당신의 나쁜 점은 곧 화를 내는 것입니다.)
․それが この しばいの おもしろい ところです.
(그것이 이 연극의 재미있는 점입니다.)
․彼女(かのじょ)は 女(おんな)らしい ところが ない.
(그녀는 여자다운 면이 없다.)


3) 경우, 형편, 즈음, ~로서는
․今(いま)の ところ 私(わたし)は 滿足(まんぞく)して います.
(지금으로서는 나는 만족하고 있습니다.)
․おいそがしい ところを おいでくださいまして, ありがとうございます.
(바쁘신 중에도 와 주셔서 고맙습니다.)


4) ~할 참(중)
․まだ 寢(ね)ている ところへ 友達(ともだち)が 來(き)ました.
(아직 한참 자고 있는 중에 친구가 왔습니다.)
․私(わたし)も 行(い)こうと 思(おも)っていた ところです.
(나도 가려고 생각하고 있던 참(중)이었습니다.)


5) 「사람 명사+の+ところ : (~네 집)」
․金さんの ところ (김씨네 집)


※ 형식명사 「ところ」와 비교
● 접속조사 「~た ところ(が) : ~했더니, ~지만」
․先生(せんせい)に うかがった ところ, 先生(せんせい)にも わからないと おしゃった. (선생님에게 물어봤더니, 선생님도 모른다고 말씀하셨다.)
․しかられると 思(おも)ったところが,かえって ほめられた.
(꾸중들으리라고 생각했지만, 오히려 칭찬받았다.)
● 접속사 - ところが 그러나
- ところで 그런데

7. まま


1) 명사 + の + まま : ~대로 ~상태로(모양으로)

연체사

․自分(じぶん)の 心(こころ)のままに 行(おこ)なう.

(자신의 마음대로 행동한다.)

․そのままで いいです. (그대로가 좋습니다.)


2) 동사의 연체형 + まま : ~인 대로, ~인 채로

동사의 연용형

․言(い)われるままに お金(かね)をはらいました.

(들은 대로 돈을 지불했습니다.)

․足(あし)の 向(む)く ままに 步(ある)いた.

(발걸음이 향하는 데로 걸었다.)

․ぼうしを かぶったまま 部屋(へや)に はいる.

(모자를 쓴 채로 방에 들어간다.)

․人(ひと)から 聞(き)いたままを 話(はな)す.

(남으로부터 들은 대로 이야기한다.)

8. はず


1) 연체형+はず(だ) : 틀림없이 ~일 터이다.

․田中(たなか)さんは 大學(だいがく)を 卒業(そつぎょう)したから, 新聞(しんぶん)は 讀(よ)める はずです. (다나까씨는 대학을 졸업했기 때문에, 신문은 읽을 수 있을 것입니다.)

․あの人(ひと)は 知(し)っている はずなのに, 知(し)らないふりを している.

(저 사람은 틀림없이 알고 있을 터인데, 모르는체 하고 있다.)

․2時(じ)には 來(く)る はずなのに, 友(とも)だちは まだ 來(こ)ない.

(2시에 틀림없이 올 터인데, 친구는 아직 오지 않는다.)


2) 연체형+はずが ない : ~리가 없다.

․あの 男(おとこ)が そんな 小(ちい)さな ことで おこるはずがない.

(그 남자가 그런 사소한 일로 화낼리가 없다.

․そんな ことを 小(ちい)さな 子供(こども)に 言(い)って 聞(き)かせても わかるはずが ない.

(그런 것을 작은 어린아이에게 말해 들려 주어도 이해할 리가 없다.)

9. つもり


1) 예정․의도․셈

․來月(らいげつ)する つもり です. (다음달에 귀국 할 예정입니다.)

․買(か)う つもりは なかったんですが, すすめられて つい 買(か)って しまいました.

(살 예정은 아니었습니다만, 권유해서 나도 모르게 사버렸습니다.)


2) ~た つもりで : ~셈, ~한 셈치고

․映畵(えいが)を 見(み)たつもりで, 貯金(ちょきん)する ことに しました.

(영화를 본 셈치고 저금하기로 했습니다.)

․「試驗(しけん)は どうでしたか.」

「自分(じぶん)では できたつもりですが, 結果(けっか)は まだ わかりません.」

(「시험은 어떠했습니까?」

「자신은 잘 치른 것 같습니다만, 결과는 아직 모르겠습니다.」)


3) 동사의 연용형 + ている + つもり(だ) : ~하는 것처럼

+ た + つもり(だ) 여긴다(착각하다)

․まるで, 夢(ゆめ)を 見(み)ている つもりです. (마치 꿈을 꾸고 있는 것 같습니다.)

10. とおり


1) 길

․わたしの うちは 通(とお)りに 面(めん)している. (우리 집은 길에 면하고 있다.)

․銀座(ぎんざ)どおりを さんぽした. (긴자 거리를 산책했다.)


2) ~대로(~과 같이)

․敎(おし)えた とおりに やってごらんなさい. (가르친 대로 해 보세요.)

․その とおりに すれば まちがいはない. (그대로 하면 틀림없다.)

․聞(き)いた とおりに 話(はな)して ください. (들은 대로 말씀해 주십시오.)


11. ほう, かた(方)

1) ほう : ~쪽(편)

명사 + の + ほう

동사의 연체형 + ほう

동사의 연용형 + た ほう

․鳥(とり)が 東(ひがし)の 方(ほう)へ 飛(と)んで 行(い)った

(새가 동쪽으로 날아갔다.)

․おおぜいの 人(ひと)が 驛(えき)の 方(ほう)へ はしって 行(い)った.

(많은 사람이 역 쪽으로 달려갔다.)

․體(からだ)の ために 早起(はやお)きしたほうが いいですよ.

(몸을 위해서 일찍 일어나는 편이 좋습니다.)


2) かた

①분

․あの 方(かた)は どなたですか. (저 분은 누구십니까?)

․あつまりに 來(き)た方(かた)は, 男(おとこ)の 方(かた)より 女(おんな)の 方(かた)の ほうが 多(おお)かったようです. (모임에 온 분은, 남자분보다 여자분 쪽이 많았던 것 같습니다.)


② ~がた ~ 무렵

․朝(あさ)がた (아침 무렵) ․夕(ゆう)がた (저녁 무렵)


③ ~がた ~들

․あなたがたは もうお歸(かえ)りなさい. (당신들은 이제 돌아가세요.)

․先生(せんせい)がたに お目(め)にかかりたいのです. (선생님들을 만나고 싶습니다.)


3) 동사의 연용형 + 方(かた) : ~하는 방법

․この字(じ)の 讀(よ)み方(かた)を 敎(おし)えて ください.

(이 글자의 읽는 법을 가르쳐 주십시오.)

․テ-プレコ-ダ-の 使(つか)い方(かた)を 知(し)りません.

(녹음기의 사용법을 모르겠습니다.)

12. せい


1) 원하지 않는 결과의 원인, 이유를 나타냄.

․わたしが 先生(せんせい)に しかられたのは, あなたのせいです.

(내가 선생님에게 꾸중들은 것은, 당신 탓입니다.)

․食欲(しょくよく)が ないのは 暑(あつ)さのせいでしょう.

(식욕이 없는 것은 더위 때문이겠지요.)

․朝寢(あさね)ぼうを するのは, 夜(よ)ふかしを するせいです.

(늦잠을 잔 것은, 늦게까지 자지 않았기 때문입니다.)
Copyright 1999-2021 Zeroboard / skin by zero